食べる前にエクササイズするメリット

0

短期の間でダイエットを済ませたいなら、食事前の運動をおすすめできます。 お腹が空いてる時に体を動かすことをしたくないと考えるかもしれませんが、そのシェイプアップに関する効果の高さは他のタイミングと見比べてみても圧倒的といえます。

脂肪を燃焼させる効果が高いというメリット

食事する前のエクササイズは、体の脂肪を燃やすにはベストタイミングです。 その理由は最後に取った食物から4から5時間以上過ぎるタイミングで、身体の中の糖質の量の大半が使い果たされた状況、つまり血糖値が非常に低い状況にあるためです。

どうして糖質そのものが枯渇していると脂肪が燃え易いのかは、糖質及びと脂肪のどちらもをエネルギー源に稼動していることと関係しています。ひとつの例として、1時間のエクササイズで300kcalを消費した場合、糖質及び体脂肪を個々に燃焼することを通じて300kcal分を消費します。

有酸素運動の消費割合については、糖質が70%ぐらい、体脂肪が30%ぐらいですので、1時間のエクササイズで90kcal相当分の脂肪を燃焼出来ます。しかしながら、これに関しては原則的に普通のタイミングでの計算です。食べる前のタイミングではこちらの糖質及び脂肪の消費の割合は変化し、脂肪が落ちやすくなります。

食欲自体を抑えることができます

食べる前に体を動かすことは、シェイプアップするどころかむしろ太るのではと心配になる人もいるでしょう。しかしながら、食べる前のエクササイズでは、食欲を高くするどころかかえって減らす有効性があります。1つの例として、体を動かすことによって生成されるホルモンにアドレナリンがあります。

高ぶったときにアドレナリンが出たなどと言い表されるホルモンであり、痛覚並びに疲労感をやわらげたり運動能力を引きあげたりする効果で知られています。それと併せて心拍数を増加させたり血糖値を引きあげたりする効果も有しています。

食欲については血糖値がダウンすると強まって、その反対に血糖値が上向くと弱まりますので、アドレナリンの血糖値を上昇させる効果は空腹を紛らわせるには効果的といえます。

食費を少なくできるという経済的なメリット

食べる前のエクササイズは、考え方によりましては財布に非常にやさしい痩身法と言えるかもしれません。やはり、食欲そのものが抑えることができので、口に運ぶボリュームが少なくなれば、それだけ掛かるお金も少なく済みます。

それに加えて、外食の回数の低下も後押しするでしょう。会社帰りに外食に寄ることは少なくなりますし、帰宅の途についたあともう一度出ていくこともまた面倒ですから、外食のシーンはおのずと減っていくことになります。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です