ガールズアワード2018の1st SHOWのモデルとブランドについて

0

日本最大級の音楽とファッションの祭典、ガールズアワード。
2018の開催は大盛況のうちに終了してしまいましたので、ガルアワの振り返りをしてみたいと思います!
今回は、ガルアワ2018のガールズアワード2018の1st SHOWのモデルとブランドについて、詳しくチェックしましょう。

ガールズアワード2018の1st SHOWに登場した最初のブランドは『GUESS』でした。
ローラ、滝沢カレン、玉城ティナ、藤田ニコル、池田美優、瑛茉ジャスミン、江野沢愛美、古川雄輝、古川雄輝、赤楚衛二、emma、と豪華なモデル陣がステージを彩りました。
『GUESS』はLA発のプレミアムカジュアルブランド。「YOUNG,SEXY,ADVENTUROUS」をテーマに、1981年に業界初のデザインデニムやマリリンジーンズで一躍有名になり、世界にスリムフィットジーンズを広めたブランドです。
トップバッターとして登場したローラは、シークレットゲストとして登場。
クールな表情でポージングし、圧倒的な存在感に大歓声を浴びていました。

続いて登場したのは『stradivarius』。
『stradivarius』は、1994年にバルセロナに誕生したレディスファッションブランド。
ZARAの姉妹ブランドとして、世界76ヶ国に約1,000店舗を展開しています。
2014年に日本に上陸し、トレンド感溢れるお洒落アイテムがプチプラで手に入ると大人気のブランドです。
SHOWに登場したのは八木アリサ、堀田茜、島袋聖南、香川沙耶、安井レイ、田中道子、黒木麗奈、近森あえら、川口優菜、坂田梨香子、宮本茉由、立花恵理、安藤ニコ、岡田紗佳、マギーが登場。
ステージのトリを飾ったマギーは、カラフルなストライプのセットアップを着て、ランウェイを闊歩。
愛らしい笑顔で美しいボディをチラリと見せて、会場はそのヘルシーな色気に魅了されていました。

1st SHOW最後に登場したブランドは『Bershka』。
『Bershka』はスペインで誕生したカジュアルブランド。
”Music, screens, projections, modern graphics,fashionable, colours…(
音楽、スクリーン、投影、モダングラフィックス、ファッショナブル、カラー)” をコンセプトに、若い男女をターゲットに展開しているブランドです。
こちらも、ZARAの妹的ブランドという位置づけとなっています。
2011年には渋谷スペイン坂下に日本第1号店「Bershka 渋谷店」をオープン。
若者に愛され続けているブランドです。
『Bershka』のSHOWには、松井愛莉、岡崎紗絵、朝比奈彩、Niki、林田岬優、バンダリ亜砂也、宮内理沙、アヨナ万華、上野貴博、浦野秀太、大石絵理、杉本美穂、小室安未、河北麻友子が登場しました。

「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」というスローガンのもと、開催されているガールズアワード。
モデルたちの圧巻のパフォーマンスは、ガルアワの大きな魅力です。
ぜひ、一度足を運んでみてください!

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です