ガールズアワード2018の3rd SHOWのモデルとブランドについて

0

音楽とファッションを日本から世界へ発信したい――そんな思いでスタートした祭典『ガールズアワード』。
ガルアワの見どころと言えば、豪華なモデル陣がステージを彩るSHOWです。
今回は、ガールズアワード2018の3rd SHOWに登場したモデルとブランドについて、ご紹介します。

3rd SHOW最初に登場したブランドは『EVRIS』。
『EVRIS』は、クリエイティブディレクター佐々木彩乃さんが発信している、ファッションブランドです。
STREET STYLEでありながら、シーンを選ばないで着ることができるスタンダードが人気。
個性的で、遊び心あふれるアイテムも、幅広く取り揃えています。
「いつだって最先端をいきたい!」そんな女の子のワガママを叶えてくれるブランドです。
『EVRIS』のステージに登場したのは、マギー、Niki、香川沙耶、国木田彩良、江野沢愛美、ローレン・サイ、池田美優、八木アリサ、ラブリでした。
トリを飾ったラブリは、肩をあらわにしたブルーデニムのつなぎで颯爽と登場。
すらりと伸びた長い手足に、観客から歓声を浴びていました。

『EVRIS』に続いて登場したブランドは『one spo』です。
『one spo』は、その名の通りスポーツをファッションに大胆に取り入れた新感覚ファッションブランドとして注目を集めています。
スポーツに、モードを絶妙な加減でミックスしたオンリーワンアイテムにこだわりを持っているブランドです。
ウェアだけでなく、小物や靴までトータルに展開しています。
『one spo』のステージに登場したのは、玉城ティナ、吉木千沙都、加藤ナナ、遠山茜子、ダコタ・ローズ、夏焼雅、丸山蘭奈、鶴嶋乃愛、安藤ニコ、日向カリーナ、紗蘭、横田真悠、藤田ニコルでした。
『one spo』ならではのテイストの服の世界観を表現するSHOWは、スポーティーに、でもファッショナブルに会場の観客を魅了していました。

3rd SHOWラストを飾ったのは『Schoffel』です。
『Schoffel』は1804年ドイツで誕生した、アウトドアブランド。
グランピングをテーマに、自然と関わるライフスタイル提案、キャンプやトレッキング、ハイキングからトラベル、タウンユースまで、アウトドアテイストのファッションを提供し続けています。
2世紀以上に渡って守られてきた丁寧なモノづくりへの姿勢は高く評価され、日本でも人気のブランドです。

『Schoffel』のSHOWに登場したのは、新川優愛、瑛茉ジャスミン、Kemio、朝比奈彩、生見愛瑠、ジャン海渡(SUPER★DRAGON)、古川毅(SUPER★DRAGON)、越智ゆらの、愛菜、みうらうみ、愛甲千笑美、小貫莉奈、安井レイ、佐野勇斗(M!LK)、板垣瑞生(M!LK)、emmaでした。

さまざまなテイストのファッションを余すところなくSHOWというスタイルで発信するガルアワ。
これからも、進化しつづけるイベントとして目が離せないですね。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です