女性が通勤時に身につけたほうがいいといわれる服装

0

制服のある、なしにかかわらず、女性は通勤に対する服装の悩みが尽きません。どんな服ならOKなのか、どんな服はNGなのかは、会社や業種、年代によって多少異なります。自分らしさを追及しつつ、ある程空気を理解して服を選びましょう。

全体的に好感度を高めるような服を

年代に関係なく、身だしなみの基本として上げられているのが、清潔感のある格好をすることです。毎日ハロウィンではないため、仮装をするような格好で出勤するのはマナー違反となります。周囲に不快感を与えない程度に、仕事がしやすい格好を選びましょう。

業種によって仕事のしやすさは異なるため、パンツ・スカートの種類は問いません。ただし、取引相手や同僚、仕事先で出会う人に好感を与えやすいように親しみやすく感じる服が望ましいでしょう。ここまではどんな年代・業種であっても共通していることです。

業種によってはある程度肌を見せなければお客様に喜ばれない業種も存在していますが、あくまでも一部の業種であることを理解しましょう。全体的にファッションとしては清潔感があり、露出が少なく、仕事に差しさわりがなく、相手が好感を抱きやすいものを選んでください。

避けたほうがよい服も頭に入れておく

避けたほうがよいファッションとしては、華美な装飾がある物や業種によりますが肌の露出が多い物、カジュアルすぎる物や動きづらい物です。華美な装飾があるものとしてはゴスロリや甘ロリと呼ばれるフリルが多い物、メタル系の金具がたくさん止まっているような物があげられます。

動きづらい物とも共通しますが、好感度を与えるというビジネスでのファッションに反するため、避けて下さい。肌の露出が多い物は業種によっては必須アイテムとなりますが、多くのビジネスシーンでは避けるべきです。先輩達のファッションを見て露出度合いに関しては参考にしてください。

カジュアルすぎるスウェット・デニム・オーバーオール・キュロット・マキシ丈のロングスカートなども避けましょう。ただし、業種によってはカジュアルなファッションをある程度容認しているところもあるため、先輩達に聞いてみるといいでしょう。動きづらい物としては着物や着ぐるみなどです。

柄物は取り入れ方が大切なのでセンスが問われる

好感度を抱かれやすいビジネスファッションのカラーとしてあげられているのは、ベーシックなカラーです。パステルカラーやアースカラー、グレー・ベージュ・紺などです。

白や黒も定番アイテムとして容認されています。原色やビビットカラー、柄物はできるだけ避けて下さい。ただし、アイテムの取り入れ方によっては容認される業種もあります。ある程度カジュアルなアイテムを容認する会社であれば、あまり派出過ぎないものであれば容認されるでしょう。

ただし、迷彩やヒョウ柄といった、インパクトの高いアイテムはファッションではなく、小物程度に抑えておいたほうが無難です。もし花柄やチェックといったアイテムを取り入れたい場合、ベーシックカラー同士であくまでもアクセント程度に取り入れましょう。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です