ガールズアワードの迷わない行き方とは?

ガールズアワードは、2009年より毎年開催されている音楽とファッションを融合させた大人気イベントです。
回数を重ねるごとに人気も高まり、この数年は毎回30,000人以上が来場するほどです。
今後もその人気が続くと予測されることから、大人数を収容できる千葉県県千葉市にある幕張メッセを会場としています。

幕張メッセは国内でも有数の規模を誇る展示場であり、ガールズアワードは国際展示場棟の9〜11ホールにて行われることがほとんどです。
近隣だけでなく地方からも足を運ぶ人がいるほど人気のイベントですが、会場周辺の地理に詳しくない人もいるでしょう。

幕張メッセはJR京葉線の海浜幕張駅から徒歩で約5〜10分ほどで到着しますし、駅からの道順もそれほど難しくはありません。
ちなみに、海浜幕張駅の改札は1つ(南口のみ)で、改札を出ると階段があります。
階段を下りて約80m直進していくと、「プレナ幕張」というショッピングモールに突き当たります。
プレナ幕張の角を左折し約40m進むと、スカイウェイの階段が見えてくるでしょう。
階段の上には幕張メッセの案内があり、展示場ごとの行先が記されています。
ガールズアワードが行われる9〜11展示場棟は、スカイウェイの階段を上るように指示されていますので階段を上りましょう。
階段を上ってから40mほど直進すると分岐点があり、ワールドビジネスガーデンと呼ばれる高層ビルが見えてきます。

その分岐点を右折して、ワールドビジネスガーデンに向かって歩いていきましょう。
ビルに近づいてくると再び分岐点がありますが、ワールドビジネスガーデンの間をそのまま直進します。
道なりに約200m直進していくと正面に国際展示場9〜11が見えてくるでしょう。
目印となる場所さえ覚えておけば、それほど難しい道順ではないはずです。

海浜幕張駅から徒歩で向かう自信がない人は、バスを使う方法もあります。
JR総武線・京葉線の幕張本郷駅に下車すると、駅から京成バスが出ていますので、幕張メッセ中央行きのバスに乗りましょう。
すると、約17分で幕張メッセの目の前まで到着します。

他にも銀座駅や数寄屋橋から東京駅八重洲口を経由する、幕張メッセ中央行きの高速バスも出ています。
バスが到着する幕張メッセ中央からは、ガールズアワードの会場である国際展示場9〜11ホールがすぐ近くに見えるため、迷うことはほとんどありません。

自由席で入場する場合は、より良い席を取るために開場の2〜3時間前から並ぶ人が多くみられます。
バスや電車は頻繁に出ていますが、早めに会場入りを狙う人たちで混雑することが予想されます。
余裕を持って幕張メッセに到着できるように、幕張メッセへの行き方やルート、時刻表を調べておくことをおすすめします。

admin