学生が一人で生活するのにかかるコスト

これまで親元で暮らしていたものの、大学への進学を機に一人で暮らし始めるという人が少なくありません。ここでは大学生の一人暮らしにかかる費用を見ていくので、ぜひチェックして事前に予算を立てておくことをおすすめします。

支出の大部分を占める家賃と光熱費の相場

大学生が一人暮らしをするために必要な費用のうち、大部分を占めるのが家賃だと言われています。家賃の金額は場所により異なりますが、ワンルーム賃貸の平均は約40000円になります

ワンルームの家賃相場は東京都が最も高く66000円から82000円で、東北や四国、九州や沖縄は20000円台から50000円台になります。また1ヶ月の光熱費の料金相場は、一人暮らしの場合電気代が1500円から5000円でガス代が1000円から4000円、水道代は1000円から3000円になります。

これらの料金は季節やライフスタイルによっても異なるため、節約を意識すれば安く抑えることが可能になります。

工夫すれば抑えられる食費と通信費

大学生の場合、1ヶ月の食費の平均は約25000円になります。食べる量や質は人によって異なるため、たくさん食べたり質にこだわるのであれば30000円以上になることもあります。

安く抑えたければ自炊するのが最も効果的ですが、勉強やアルバイト、サークル活動などで忙しくなかなか自炊をする時間が取れないかもしれません。短時間でできて手がかからないレシピをいくつか覚えておくと役に立ちます。

また通信費も欠かせませんが、スマホだけなら5000円から10000円で、インターネット回線を利用するなら5000円が追加されます。格安携帯電話会社をうまく利用すれば、通信費を抑えることができます。

その他のコストと生活費の合計金額

家賃や光熱費、食費や通信費の他にも交際費や雑費がかかります。1ヶ月の交際費は10000円から15000円で、雑費は10000円から20000円になります。飲み会やコンパといったイベントは楽しいものですが、続けて何度も参加するとすぐに予算オーバーになってしまうため注意が必要です。

雑費にはシャンプーやリンス、トイレットペーパーなど生活をする上で欠かせないものが含まれます。このように見ていくと、生活費の合計金額は安ければ80000円弱で、高ければ180000円ほどかかることになります。

admin